最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2006/08/29

マコ先生がYahooに!

Abuです。お久しぶりです!

先日マコ先生の展示会に行ってきました!
学生さんが必死になって先生の絵を写してましたヨ。
夏休みの宿題かしら・・・??

と・こ・ろで、
展示会の紹介、インタビュー内容がYahooで紹介されています↓↓

MOTTAINAI:マサイの魅力、水彩で鮮やかに 永沢さんが作品展 /東京

2006/07/18

スクラップブッキング

Abuです。
minaに頼まれているマルタ画集製作のための作品スキャンまだやってないけど、まっいーか。(ブログの更新やってないで、そっちの仕事やって!と言われそうだけど~)締め切りまだだよね~?
さて。今日の話題↓

「スクラップブッキング」静かなブーム 

思い出の写真を世界に一つしかない飾り付きアルバムに仕立てる「スクラップブッキング」が静かなブームになっている。米国発祥の手工芸で、癒やしの魅力に引きつけられる女性が多いとか。デジタルカメラやパソコンで写真が加工しやすくなったこともブームに一役買っており、関連商品の市場も広がりをみせている。
これに似たことを高校生の時にやっていました。もちろんインスタントカメラを使用していましたから現像にだして、好きな形に切り抜いて色紙に貼り付けたりして、お友達の誕生日カードを作っていました。合成誕生日カードってところです。ありえない背景をプラスしたりして、楽しいんです。
今となってはPC上でゴリゴリ作業できるので楽チンですよね。

2006/07/06

便乗商品

Abuです。
最近はminaのスケッチ仲間さんのページにお邪魔し、勝手に交流を深めているところです。
さーて、今日のメモ。

三菱鉛筆、「大人のぬり絵」初心者向けの色鉛筆セット
ムムム。大人の塗り絵便乗商品も出てきましたね~♪

ダ・ヴィンチで来館者が急増

2006/03/07

絵でリラックス

献血ルームのアピールに一役 成安造形大生、京都駅前で作品展

「献血ルームを美術館にしよう」。成安造形大生による作品展が、京都市下京区烏丸通七条下ルの京都府赤十字血液センター京都駅前出張所で開かれている。ほのぼのとしたタッチのイラストや人形が、来場者を楽しませている。
献血センターの待合室って殺風景。ほのぼのイラストが展示されていれば少しは和みますね。医療現場や教育現場には絵が必要ではないでしょうか。(Abu)

2006/03/02

文化財複製

ハイテク駆使し日本の文化財複製 NYで「群虎図」など展示

高精密のデジタルカメラなど最新のデジタル技術と工芸技術を駆使して、日本の国宝など3作品が原寸大に複製され、ニューヨークで2日から6日の日程で開催される世界各国の芸術作品の展示会「アートエキスポ ニューヨーク」に出展されることになった。京都国際文化交流財団(可児達志(かに・たつし)理事長)が1日、発表した。
高精密のデジカメで作品を分割撮影し、コンピューター上でつなげ展示するとのこと。これならどんなに大きな美術品でも現地に巨大スクリーンがあれば可能となるってことですね。(Abu)

2006/03/01

ピカソ作品盗まれる

カーニバルに乗じ美術館強盗、ピカソ作品など盗まれる-ブラジル

【サンパウロ25日綾村悟】世界的に有名な「リオのカーニバル」が始まったブラジル・リオデジャネイロで24日、同市のシャカラ・ド・セウ美術館に手投げ弾などを持った4人組の強盗が押し入り、ピカソやモネなど有名画家の作品を強奪する事件が起きた。

2006/02/21

原画がよみがえる

いわさきちひろの原画がインクジェットでよみがえる

セイコーエプソンは、絵本作家・いわさきちひろの作品をインクジェットプリンタを使って復元することに成功し、3月から「安曇野ちひろ美術館」(長野県松川村)で紹介する。
印刷物を見て原画の状態を推測して復元しちゃうのだからスゴイ!「ピエゾグラフ」という技術を利用しているそうです。アナログ作品の複製技術として利用されてきたようですが、今後は表現技法としての利用が期待されているとのこと。
こちらのページで詳しい内容が出ています。難しい~。(Abu)
プリンタと和紙でつくる"癒し"のアート群 - エプソンのピエゾグラフで

2006/02/12

絵手紙展

母91歳へ絵手紙365日金沢中央郵便局で

 70歳の長男が91歳の母親に昨年1年間毎日送り続けた絵手紙を展示した「母と子の交流~愛の365日絵手紙展~」が、金沢市三社町の金沢中央郵便局で開かれている。
手紙が来ると本当に嬉しいものですよね。自分で絵を描いて送ってきてくれたらなおさらです。最近はメールで済ましてしまう事が多くなってきましたが、たまには手紙もね。

2006/02/09

壁画にカビ

飛鳥美人、顔と肩に黒いシミ…高松塚壁画にカビか

「飛鳥美人」として有名な奈良県明日香村、高松塚古墳(8世紀初め)の極彩色壁画(国宝)のうち、西壁の女子群像1体の顔と肩の部分に、カビとみられる黒いシミを確認したと、文化庁が9日発表した。
壁画にもカビって生えるの~?風化防止のために塗った液体とかがカビの原因なのでしょうか??

2006/02/08

落札ラッシュ

ムンクの「夏の日(Summer Day)」、約12億7000万円で落札
ゴーギャンの絵画、英国の競売で25億円

より以前の記事一覧

最近の写真