« 親もゲーマー | トップページ | バースデー »

2005/01/17

iPodからiWasteへ

環境保護団体、「アップル社はリサイクルに消極的」と抗議 (Hotwired)
iPodの売れ行きがいいため、環境保護団体の標的にされているという話。環境活動家は標的にする理由として、ハードウェアとソフトウェアの両方を作る同社が、デジタル音楽プレーヤーの内蔵バッテリーを簡単に交換できないようにしている事、使わなくなったり壊れたりしたパソコンをリサイクルする費用として多くの消費者に30ドルを請求している点を挙げている。この記事だけじゃ分かりませんが、わざと簡単に交換できなくして何か得するんですかね?そんな面倒なことしないと思いますが・・・。

« 親もゲーマー | トップページ | バースデー »

環境」カテゴリの記事

コメント

自分で交換することはできるよ。
ちょっと難しいけど・・・。

不思議なのはバッテリー交換をAppleに依頼すると
新品が戻ってくることかなぁ。
これって他の会社のプレーヤーでも同じなの?
あ・・・簡単にバッテリーを自分で交換できるんか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16079/2607230

この記事へのトラックバック一覧です: iPodからiWasteへ:

« 親もゲーマー | トップページ | バースデー »

最近の写真